肩こりとヨガ

自分は肩こりだと感じることはありますか?

慢性的にずっと感じる方もいれば、疲れた時だけと言う方もいるかもしれません。

人は頑張る時に僧帽筋に力が入ってしまうことがメカニズム化されているそうです。

常に筋肉が緊張していることを予備緊張といいます。

これは僧帽筋以外の場所にもあります。

予備緊張がなくなればその筋肉の最大限の力を発揮することができるので、肩こり以外にも、

「張っている感覚」や「人に触られるとくすぐったい、もしくは痛い」と感じる箇所は予備緊張していると言えます。

筋膜リリースをヨガのクラスのうち5〜10分取り入れ、この予備緊張を解くことでアーサナへの集中力、パフォーマンス向上へとつながります。

肩こりの話に戻しますが、

僧帽筋に無意識に力が入ってしまう状態を作らないようにするには?

これは菱形筋に力を入れること。

これだけ!

菱形筋、とっても非力になってしまっている人が多い。

菱形筋は肩甲骨を寄せる時に使う筋肉。実はこの筋肉を使うアーサナはたくさんありますが、僧帽筋を常に緊張していると、うまく使えてないことがあります。

しっかりと菱形筋を使う感覚をマスターしてもらい、アーサナ向上=身体パフォーマンス向上=からだの健康 全てクリアにしていきます。

トレーニングして肩こり知らずの快適な春を迎えたいですね!

菱形筋をトレーニングすることは姿勢改善にもつながります。

菱形筋トレーニングを取り入れたリラックスしながらのヨガクラスに遊びに来ませんか?

毎週土曜日 新所沢 マルハ会館 第1ホールにて

今月は

3/17

3/24

3/31

朝8:30〜の開催です。

10時〜のパーソナルトレーニングは現在満員御礼。

土曜日以外も受け付けておりますので、お問い合わせください。