食べないダイエット今すぐやめて!

 

こんにちは。
5月も半ば、これから夏に向けてダイエットに励む季節になってきました。

皆さんは今までにどんなダイエットをしてきましたか?
そして、それは今現在を成果を継続できているでしょうか?

焦ると手っ取り早く食事を抜くことを考えてしまいがちですが、食事をぬいて体重が減ったとしても、
それはダイエットを成功させたと言えるのでしょうか?
まず、体重という数字の変動がもたらしてくれるきれいな体とは何でしょうか?

筋肉は財産

体重ばかり気に掛けるダイエットをお勧めしていない理由ですが、

食べないダイエットは脂肪よりも筋肉を大幅に失うのに、体重の変動ではどれくらい脂肪が減り、筋肉が減っているかわかりません。

一般家庭に普及している体重計で測れる体脂肪率を見ても、筋肉量は図れませんし、体の中の水分量で大きく変動してしまうので、体重計を当てにしてしまうとどれくらい筋肉を失ったのかわかりづらいのです。

華奢なボディラインを目指しているのに筋肉は必要なのか?

「私の目的は細い体なのに、なぜ筋肉を増やさなければならないのか。」

「筋肉質な体が欲しいわけではないので筋トレは必要ないではないか。」

そんな疑問を持たれている方は多いと思います。

なぜ細い体にも筋肉は財産だと言えるのか?

筋肉がなければ脂肪は減らないから

華奢な体をめざすにしろ、マッチョな体をめざすにしろ、体脂肪は邪魔なものですよね。

食べないダイエットでは、身体に蓄積されている脂肪よりも先に筋肉が分解されてしまいます。

長い目で見て、食べないダイエットをしても脂肪は減らないのです。

高負荷のトレーニングは筋肉を大きくするのに最適ですが、低負荷の高回数のトレーニングは筋肉の質を上げ、周りについている脂肪を落としてくれるのです。

食べなければ、身体を作っている栄養素を手に入れることができないため、身体の中にある栄養を分解することになります。

筋肉は常に分解と合成を行っているのですが、食べないことにより合成ができず、筋分解が大量に起こり、脂肪よりも重い筋肉が減り、体重が減って痩せたと思い込みやすい構図になります。

目方が減るとうれしい気持ちになるかもしれませんが、筋肉が減ってしまうとその分体脂肪を燃やすエネルギーを燃焼できません。

そして、筋肉は歳を重ねるごとに合成が難しくなっていきます。

筋肉は日に日につきにくくなり、失ってしまうと元に戻すのはどんどん難しくなっていくのです。

お年寄りが重いものを持つのがつらかったり、長く歩くのがつらくなるのは筋肉量が減ってしまうからです。

食べないダイエットは脂肪分解を邪魔するだけでなく、将来の健康な体まで失うことになってしまいます。

太らない食事メニューとは

  • 基礎代謝を下げない

食べないダイエットが悪いことはわかっても、それではどんな食事をとれば太らずに痩せられるのか?

  1. 食事で太るメカニズムを知る

自分の消費カロリーを知り、摂取カロリーを抑えることで体重が減ります。

なので食べないことでダイエットをする方が多いですが、摂取カロリーを抑えてしまうと基礎代謝が落ちてしまいます。

基礎代謝とは、何も動いていなくてもエネルギーを消費する機能のことです。

摂取カロリーが少なくなると体が飢餓状態を察知し、多くのエネルギーを使う筋肉を減らして省エネモードに切り替え、生き延びるために体に蓄えようとするのです。何も動かなくても消費していたエネルギーを使わなくなってしまうことで、蓄積しやすい体になってしまいます。

水分もたまりやすくなり老廃物を排泄する機能も低下します。

本当にいいことありません…。

自分の基礎代謝を知り、基礎代謝分のエネルギーはなるべく摂取してください。

基礎代謝+運動したことによる消費カロリー

が摂取カロリーを上回ることがダイエットとして望ましいことになります。

  • PFCバランス

PFCバランスとは、P=プロテイン(タンパク質)F=ファット(脂肪)C=カーボ(炭水化物)

をバランスよく摂取することですが、このバランスとはすべて均一にとるということではありません。

厚生労働省が推薦する一日の摂取の割合は

たんぱく質:13-20%脂質:20-30%炭水化物:65%

ですが、ダイエットや目的によってこの%は変わってくるでしょう。

糖質制限をする際であれば炭水化物は10%抑える場合もあれば、

筋肉をつけながら徐脂肪を成功させる場合であれば炭水化物は50%程であったり、タンパク質を多く、脂質を抑えるなどしてバランスを取らなければなりません。

PFCバランス自動計算ツール

  • 食べた分すべて吸収されるわけではない

食べてしまったものがすべて体に吸収されるわけではなく、、必要な栄養素を必要な分補い、あとは排泄されていきます。

より多くの栄養を!とたくさん摂っても体は知らずに外へ出してしまいます。

PFCバランスを徹底した食事を心がけていても、身体がちゃんと吸収してくれないということです。

しっかりと必要な分を吸収できる健康な体のためには、脳と筋肉を刺激し運動することも大事になります。

バランスの取れた食事に自信のない方は

こんな宅配サービスもおすすめ。

目指すのは目標体重?理想のボディライン?

食べないダイエットのデメリットと正しい食事のバランスのお話をしましたが、どんなダイエット法であっても1・2日で目に見えて変わるものではありません。

私も試行錯誤を繰り返しながら、自分の理想に近づくよう奮闘しています。

結果がすぐに出ない、見えない道だからこそ、危険なダイエットや高額商品での置き換えに走ってしまったりします。私も経験あり…

コツコツと小さな頑張りを日々積み重ねていくことが、実を結ぶ世界です。

焦らずに一緒に頑張りましょう!

ダイエットやボディメイクのご相談も承っております。

ラインにご登録の上、お気軽にご連絡ください。

こちらをクリック